インドにおけるマイクロファイナンスの展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/05/23
プラティマ・ラジャン

Abstract


インドはマイクロファイナンスの最大の新興市場となっています。同国では、3億に上る低所得者世帯のうち正式な銀行口座を持っているのは全体の15~20%にとどまっています。

セレントの最新レポート「インドにおけるマイクロファイナンスの展望」は同国のマイクロファイナンスの潜在需要を探り、マイクロファイナンス機関と商業銀 行が銀行口座を全くまたはほとんど持たないこれらの世帯を開拓するチャンスについて検証しています。また、テクノロジーとテクノロジーサービスプロバイ ダーにも焦点を当てています。さらにマイクロファイナンス機関が採用している様々なビジネスモデルを分析し、これらの機関が集中している地域とその理由に ついても解説しています。
インド農村部の人々は、低所得者向け金融サービスを利用することで生活基盤を維持し、自営を確保してきました。テクノロジーや販売方法の多様化が、普及を 後押ししてきました。インドのマイクロファイナンスは、ここ3~5年間で総資産残高、利用者数ともに飛躍的に増加しています。

インドのマイクロファイナンスの特徴として、①多数の小規模プレイヤーが存在している②少数の大手プレイヤーが市場シェアの大部分を占めている③その他の市場は細分化している―ことが挙げられます。マイクロ ファイナンスによる融資残高のうち63.3%、総資産の65%を上位10社が占めています。

インドは世界最大のマイクロファイナンス新興市場の1つでありながら、市場は低所得者の5分の1を取り込んでいるにすぎません。ここ2年には、多くの国営・民間銀行や海外のリテール銀行が同市場への関心を特に強めています。

「インドのマイクロファイナンスは、企業向け融資の分野でさらに成長するでしょう。この分野には事業開発会社やインドのマイクロファイナンス機関に積極的に投資している投資ファンドも多数参入してくるとみられます」とセレントのアナリストでレポート執筆者のプラシマ・ラジャンは述べています。

大手マイクロファイナンス機関は、市場拡大とアクセスのしやすさを狙って最新テクノロジーを導入しています。ただし、農村部の低所得者層を取り込むための新たな手法やモデルを常に生み出しているのはテクノロジーサービスプロバイダーです。

レポートでは、マイクロファイナンス・セクターの最近の動向を明らかにするとともに、将来の課題についても予測しています。

本レポートは10図と2表を含む38ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米