アジア太平洋地域のバンカシュアランス:代理店販売に代わるビジネスモデル

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/11/11
プラティマ・ラジャン

Abstract


多くのアジア市場では銀行セクターの規制緩和に加え、銀行の販売窓口を最大限に活用しようという保険会社の意向を背景に、バンカシュアランスが拡大しつつあります。ただ、実際のビジネスの発展状況は国によって違いがあります。

アジア太平洋地域では、生保・損保のいずれの分野でも代理店を通じた商品の販売が主流ですが、銀行の窓口販売も急拡大しています。セレントの最新レポート「アジア太平洋地域のバンカシュアランス:代理店販売に代わるビジネスモデル」は、同地域の主要市場におけるバンカシュアランスの現状を分析し、このチャネルの拡大状況とその範囲を明らかにしています。

出典:監督当局、セレントによる予測

「この地域では、国によって違いはあるものの、銀行窓販に最も適しているのは生保商品といえるでしょう。とはいえ、損保分野でもいずれ銀行窓販が拡大するとみられます。韓国のような最も成熟した市場では、銀行窓販による損保商品の販売額がすでに全体の5%を占めています」と、セレントのアナリストでレポート執筆者のプラシマ・ラジャン は述べています。

本レポートは、アジア太平洋地域でどの保険商品が銀行窓販で最も幅広く販売されているかを明らかにしています。また、販売銀行への委託(個人および企業向け)、戦略的提携、合弁事業などバンカシュアランスの最も一般的なビジネスモデルを紹介するほか、銀行と保険会社の様々なレベルにおける連携についても取り上げています。

さらに、合弁事業、商品開発およびイノベーション、販売、金融サービスグループのモデルに関する実例も紹介しています。これらは新規参入を目指す保険会社のガイドラインとなるほか、既にバンカシュアランスを手掛けている保険会社がベストプラクティスを実践する上でも参考となるでしょう。

このレポートは16図87表を含む44ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア