バックオフィスによるフロントオフィスの強化:文書管理システムによるワークフローの最適化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/03/08
ウィリアム・トラウト

Abstract

既出セレントレポート「ウェルスマネージャによるレガシーシステムのデジタル化」の更新版

本レポートは、文書管理システムに焦点を絞った最近のコンサルティング活動を踏まえて、既出セレントレポート「ウェルスマネージャによるレガシーシステムのデジタル化」を更新したものであり、Doximのような特定の分野に特化した企業から、HylandやAlfrescoのような幅広い分野をカバーする企業まで、様々なベンダーの分類法を提供している。

主題として、バックオフィス・プロセスによるフロントオフィスの強化を取り上げ、個別のツールとして理解(および販売)されることが多いテクノロジー・ソリューションの相互関連性を明らかにしている。例えばRPAは、文書からの情報の抽出から始まり、情報の保管と配信に終わる、より大きなプロセスの構成要素である。

複数のテクノロジー・プラットフォーム/ サイロの調整は、最新の文書管理システムを決定づける要素である。紙からワークフローへの情報の伝送と同様に、組織内で文書を検索する能力は明らかに説得力のあるメリットである。しかし、キーをひと押しするだけで個別のシステムまたは企業内で緩く結合された複数のシステムをアップデートする能力は、真のゲーム・チェンジャーである。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください。)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米