ウェルスマネジメントにおけるマルチチャネル分析

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/05/21
ビル・ファーンレイ・ジュニア

Abstract


証券会社、プライベートバンク、ウェルスマネジャーの間では、マルチチャネルの分析ツールに投資する動きが広がっています。その狙いは、適切な顧客に適切なタイミングで最適なオファーを提示し、コンバージョン履歴を記録することにあります。

マルチチャネル分析の主なテクノロジーとビジネスプロセスに関する課題を紹介し、ウェルスマネジメント分野におけるコンバージョン率(顧客転換率)の分析および向上のためにこのプロセスがいかに活用されているかを明らかにしています。コンバージョンには口座開設や契約までの諸段階(コールセンターへの電話やバナー広告の閲覧など)も含まれます。金融機関はどのようなオファーがコンバージョンへの促進要因となるのかを把握するため、情報収集能力を向上させたいと考えています。

レポートでは、マルチチャネル分析の主な段階として次の3つを挙げています。

  1. チャネルの要因分析
  2. オファーの策定
  3. 最適化とマルチチャネル・キャンペーンの展開

要因分析を行うことで、コンバージョンの原因となっているセグメント、チャネル、オファーを推定することができます。このデータは、オファーの策定や既存のオファーの最適化にも活用することが可能です。最後に、マルチチャネル・キャンペーン管理ソリューションは、各オファーのスケジュール管理、実施、およびパフォーマンスの監視を行う管制システムとして機能します。予想を下回るパフォーマンスしか上げられていないオファーを縮小し、他のオファーに変更することもできるようになります。

「マルチチャネル分析はかつてないほど重要性を増しています。顧客がマルチチャネルを利用し、いつでもどこでも情報や口座にアクセスすることを求めているからです。これに応じるため、テクノロジープロバイダーも企業買収やシステムおよび人員への投資を通じてマルチチャネル分析への注力を強めています」と、セレントのウェルスマネジメントグループのシニアアナリストでレポートを執筆したビル・ファーンレイ・ジュニアは述べています。

レポートでは、マルチチャネル分析の3つの主な段階、関連システムを手がけるベンダーへの取材から明らかになったテーマを取り上げ、ウェルスマネジャーがマルチチャネル分析機能の構築または強化を進める際の提言を行っています。




Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
北米