英国のラップ・プラット フォーム:保険業界の展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/02/01
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


「ラップ・プラットフォーム」の導入により、英国の保険会社では商品の販売方法が変わりつつあり、これによってIT部門は様々な課題を抱えることになるでしょう。

ラップ・プラットフォームは、金融サービスや商品の販売方法の革新を促す重要な要因になるでしょう。米国や豪州では、既にウェルスマネジメントの分野でこうしたプラットフォームへのシフトによる変革が進んでおり、英国もこの流れに続こうとしています。チャネル分散化へのシフト、独立系フィナンシャルアドバイザー(IFA)に関する規制、そして消費者の態度の変化などは、いずれもラップ・プラットフォームが問題解決のためのソリューションとなることを示しています。

セレントの最新レポート「英国のラップ・プラットフォーム:保険業界の展望」は、ラップ・プラットフォームの概要と保険業界における展望を示しています。ラップ・プラットフォーム市場は、新規参入プロバイダーが増える一方で既存プロバイダーは製品の拡充を進めており、市場のさらなる拡大を促す環境が整っています。

セレントのシニアアナリストでレポートの執筆者であるキャサリン・スタッグ・マーシーは次のように述べています。「ラップ・プラットフォームとは、製品ではなくサービスを可能にするテクノロジーで、最終顧客とそのIFA、および商品開発者の財務サービス上の関係を指します。」ラップは、ウェブベースのポートフォリオ管理サービスです。スタッグ・メイシーは、ラップ・プラットフォームは当事者全てに利益をもたらすものであると指摘しています。「多くの場合、顧客はポートフォリオ全体を一覧することができ、さらに割引価格で多様なファンドにアクセスすることができます。一方IFAは、顧客のポートフォリオが一箇所で閲覧可能になるため、効率が大幅に向上します。そして商品開発者は、販売コストを削減することができます。」

このレポートは、保険会社向けに、いまだ初期段階にある英国ラップ市場について紹介するものです。英国の保険会社は、同市場の成長に重要な役割を担っています。レポートでは、ラップ・プラットフォームの定義、メリット、そして市場参加者によるラップ戦略の選択方法について論じています。また、これに関連するプロジェクトで発生するビジネスやITの課題についても考察しています。レポートの最終章では、今後起こり得る販売チャネルの変化を予測し、保険会社がラップ・プラットフォームを導入する際に検討すべき重要ポイントを提示しています。

本レポートは3図と2表を含む22ページから構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米