保険会社の「モノのインターネット」への準備は万端?:そもそも準備は必要か?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/10/29
ドナルド・ライト

And Should They Be?

Abstract

セレントは各社CIOを対象に、「モノのインターネット」の潜在的重要性をどのように捉えているかについて調査しました。

調査では、下記を含む多数の項目について質問しました。

  • 「モノのインターネット」に対する経営幹部及びシステム管理部門の見解
  • 「モノのインターネット」の発展を誰がどのように追跡するのか
  • 「モノのインターネット」に関するビジネス部門別の活動(現在、将来)
  • 「モノのインターネット」に関するバリューチェーン別の活動(現在、将来)
  • テクノロジーがどの程度準備できているか


「総じて、保険会社は『モノのインターネット』がビジネスのやり方を大きく変えると認識していますが、状況がどのように展開するか慎重に見守っている状態です。変化は、今後数年にわたって起こると考えられますが、テレマティクスおよび利用ベース自動車保険は、その例外となるでしょう」 と、セレントの北米損害保険グループのディレクターで本レポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米