2011年 最先端の保険テクノロジー:損害保険業界

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/12/19
マイク・フィッツジェラルドとクレイグ・ビーティホアン・マツィーニとベンジャミン・モアランド

General (P&C) Insurance Industry Edition 2011

Abstract

(このレポートは2011年12月19日に"Emerging Insurance Technologies:General (P&C) Insurance Industry Edition 2011 "というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2012年5月24日に発行しました。)

保険会社は長年にわたり、最新テクノロジーの恩恵を享受してきました。IT部門はそれらを通じて幅広い機能、高い効率性、パフォーマンスの向上を実現してきました。時には、テクノロジーが保険会社と顧客、エージェント、規制当局との関係を変化させたケースもありました。

セレントは、最新の保険テクノロジーに関するレポートの第1弾として損害保険業界に焦点を当て、保険会社の業務と最先端テクノロジーとの接点を探りました。今回のレポートでは、保険業界のあり方に変化をもたらしているテクノロジーとシステム機能を取り上げ、それぞれが生み出す主なビジネス成果を紹介しています。また、どのテクノロジーが保険業界にとって有用か、そうしたテクノロジーを導入する基盤を備えているかについても分析しています。

現在、ポータル向けテクノロジー、ビジネスプロセス管理システム、不正行為の評点システムを導入している保険会社が増えています。一方、ビッグデータ、保険引受金額の決定や査定におけるソーシャルデータの利用、クラウドプラットフォームによる基幹システムの構築などは、まだ発展途上といえるでしょう。

「どの最新テクノロジーが広く普及しているのかを保険会社が見極められるようになれば、予算決定プロセスは大きく前進するでしょう。保険会社がテクノロジーを選定する際には、ビジネス戦略や競合相手の動向を踏まえて判断しています」と、セレント保険グループのシニアアナリストでレポートを執筆したマイケル・フィッツジェラルドは述べています。

「BPMやビジネスルールなど、他の業界で成熟期を迎えているテクノロジーの中には保険業界でも導入されつつありますが、モバイルをはじめとする最新テクノロジーの導入はあまり進んでいません」とアナリストでレポートの共同執筆者であるクレイグ・ビーティーは指摘しています。

「保険会社は業界内の最新テクノロジーの普及状況を認識するだけでなく、テクノロジーの導入がどのようなビジネス成果に結び付くかを見極める必要があります。今回のレポートは、まさにそのための情報を提供しています」とシニアアナリストでレポート執筆者のベン・モアランドは述べています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米