ベンダー
English

カードのレガシー対応におけるトップ10アプローチ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/07/26
ジルビナス・バレイシス

デジタル世界に備えて

Key research questions

  • カードにおけるレガシーの問題とは何か? 今取り組むべき理由は?
  • 主なレガシー対応アプローチとは?
  • レガシートランスフォーメーションに向けた準備はどのようにあるべきか?

Abstract

カードは依然として商取引や決済のバックボーンを担うものである。しかし金融機関のカード関連システムの多くは数十年前のものであり、デジタル時代のニーズに対応できず四苦八苦している。カードのイシュア、アクワイアラ、プロセッサは、こうしたレガシーの問題にどのように対応しているのだろうか?


上記の質問に答えるために、セレントはイシュア、アクワイアラ、プロセッサ、ソフトウェアベンダー、ITサービスプロバイダー、その他の業界関係者を対象に、約30回のインタビューを行った。更に、関連する公開情報も活用した。

更にセレントは、カード関係者によるテクノロジー・プラットフォームのアップグレード方法に関して公表されている情報を探す補助的調査も実施した。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米