ベンダー
English

米国の従業員向け団体・任意保険:市場ともに変化するテクノロジー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/02/27
チャック・ジョンストン

Abstract


米国では保険市場の再編とニーズの変化が進み、消費者の期待する保険サービスの基準にも変化が表れてきています。そうしたなかセレントは、米国の医療保険制度改革、低金利、XおよびY世代の高齢化が団体保険や任意保険を手がける保険会社に及ぼす影響について調査しました。

最新レポート「米国の従業員向け団体・任意保険:市場とともに変化するテクノロジー」は規制、人口動態、金融改革が従業員向け保険商品の販売、サービス、それらをサポートするテクノロジーに及ぼす影響について考察しています。レポートでは、新たに変わりつつある販売モデルやサービススタンダードに焦点を当て、それらが古いアプリケーション・アーキテクチャやシステムを抱えるIT部門にどのような影響を及ぼすかを分析しています。

「団体保険や任意保険の市場が収れんしつつあるなか、販売およびサービスモデルの変化に対応しきれないアプリケーション・アーキテクチャやレガシーシステムが出てくるものとみられます。保険会社やブローカーはここ20年以上も団体・任意保険のソリューションに十分な投資を行っておらず、このままでは新たな市場ニーズに対応するのは難しいでしょう」と、セレント保険グループで米国の生命・年金・団体保険を担当するディレクターを務め、本レポートを執筆したチャック・ジョンストンは述べています。

レポートではまず、団体・任意保険市場のセグメントやバリューチェーンの構成プレーヤーといった市場の構造を明らかにしています。次に、医療保険制度改革が保険商品や販売モデルに及ぼす影響について分析し、また「商品の品ぞろえ」をいかに管理していくかについて詳しく論じています。最後に、団体保険のビジネスモデルの進化に対応するための重要なテクノロジー課題を挙げています。セレントでは本レポートを皮切りに、今後、団体保険市場のテクノロジーに焦点を当てた一連のレポートを発行する予定です。

本レポートは22p、6図で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険
種類
レポート
拠点
北米