ベンダー
English

保険新契約引受業務のデジタル化: STPのケーススタディ集

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2018/05/18

Key research questions

  • 保険会社は新契約引受業務のデジタル化にどう取り組んでいるか?
  • STPがもたらすメリットとは?
  • STPを有効活用している保険会社とは?

Abstract

最新のデジタルテクノロジーを活用することで、保険会社はコスト削減や、引受プロセスの改善、そして顧客満足度の向上といったメリットを享受しています。本レポートでは、ペーパーベースからデジタルへの転換に成功したケーススタディを通じ、STPの利点を考察します。

ビジネスモデルのディスラプション(破壊)とテクノロジーの進化に象徴される今日、デジタルトランスフォーメーションは保険会社が避けて通れないものになりました。保険会社における自動化というと、少し前までは、各部門がそれぞれの個別業務を自動化する、という縦割りかつ限定的なもので、短期的なメリットを追求するものでした。しかしながら、今日保険会社が取り組んでもうとしているのは、個別業務の自動化というレベルを超え、事業目標の達成を目標としたデジタル戦略の構築です。こうした取り組みの中で、保険会社が最初に着目するのが、事業コストの削減です。新契約の引受業務において、ヒトの手の介在をなくそうとすると、テクノロジーとデータをこれまでと違った形で活用し、STP(ストレート・スルー・プロセッシング)を実現せねばなりません。