ロイズ・オブ・ロンドンの市場概要: ビジネスとテクノロジーの重要課題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/09/29
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


ロイズは、このロンドンを象徴する機関の近代化に取組むことによって、コストを削減し、その存在の維持につなげられるでしょう。

「ロイズ・オブ・ロンドン」はロンドン金融業界の象徴であり、伝統と英国史が染み込んだ機関です。その独自性は、単一の会社ではなく一つの市場として機能しているところにあり、市場が持ち得るあらゆる特徴を備えています。しかし、この市場は、旧来型のビジネスプラクティスに圧倒的に支配されてもおり、これと比較すると、多くの保険会社がグーグルに思えてしまうほどです。セレントの最新レポートロイズ・オブ・ロンドンの市場概要では、ロイズの事業内容、歴史、業務、現在のビジネス課題について取上げています。

300年の歴史を持つこの金融機関が直面している最も困難な課題が、他の市場とは比較にならないほど膨れ上がった業務費用の削減です。ここで、業務プロセスの非効率性を軽減する重要な役割を果たすのがテクノロジーです。将来的には、ACORDなどの規格標準、コア業務である保険契約管理や書類管理用のソリューション等がロイズのシステム構成に組み込まれるでしょう。

「ロイズ市場の近代化においては、テクノロジーが重要かつ有効な役割を果たすでしょう」と、セレント保険プラクティスのシニアアナリストで本レポート執筆者のキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。さらに、彼女のコメントは続きます。「かのロイズ本社ビルや周囲を様々な角度から実地に観察すると、同市場では現在でもペーパーベースの作業・処理が主流であるという強い印象を受けます。ロイズのこの姿は、21世紀に生き残るために必死でもがいているラッダイト(19世紀英国の機械化反対主義者)のように見えます。」

本レポートでは、ロイズの現在のビジネス概要に加えて、順調な方向に向けてテクノロジーが果たす役割についても論じています。その論旨は、円滑にアクセス可能且つ、質の高いデータに基づくストレート・スルー・プロセッシングを実現することが、どのように業務費用の削減につながるかということです。このようなテクノロジーの利用によって、同機関は本務を全てサービスやリスク管理といったコア業務の向上に集中できるでしょう。

本レポートは2図と3表を含む全21ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米