保険金請求システムへの再投資:新アプローチの開拓

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/10/12
カーリン・カーナハン

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1

保険金請求システムのトレンドは?

2

保険金請求以外のシステムのトレンドは?
3

将来の見通しは?

中核業務の保険契約管理システムの入れ替えや現代化を進める動きが活発になる一方、保険金請求のバリューチェーンでも様々な動きが生じています。最新テクノロジーの利用からアナリティクスへの依存度の上昇、さらにInsureTechの影響の拡大に至るまで、保険会社は保険金請求プロセスのイノベーションを加速させています。

コアシステムの入れ替えを行う主な目的として、業務の効率化を最優先に挙げる傾向は変わっていません。保険会社は保険金請求のあらゆる要素に投資し、変革を進めており、関連テクノロジーへの投資は多額に上っています。保険金請求をめぐるイノベーションの多くは、意思決定の質の向上、顧客サービスの改善、手続きの効率化を目指しています。今後3~5年間はコアシステムへの継続的な投資、アナリティクスの利用拡大、サービスのデジタル化がイノベーションを促進し、顧客との関わり方を変えると同時に、より良い意思決定をサポートするようにでしょう。

「保険金請求は、保険業務の中でも最もイノベーションが広がっている分野の1つです。保険金請求プロセスに最先端のテクノロジーを導入することで、大きなメリットが得られるでしょう。新たなテクノロジーが増え続けているため、保険金請求のイノベーションで常に優位に立ち続けることは容易ではありません。保険会社が機敏性と柔軟性を企業カルチャーとして確立できれば、イノベーションの試験運用と実装を迅速に進め、競争上の優位に立ち続けられるでしょう」と保険プラクティスのリサーチディレクターであるカーリン・カーナハンは述べています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米