銀行は孤島たりえない:急変するリテールバンキング環境の中で勝ち残るためのビジネスモデル

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/08/20
ダニエル・ラティモア

Adapting Retail Bank Business Models to Thrive in a Rapidly Changing Ecosystem

Abstract

北米および世界各国のリテールバンクは新しい時代への変換点にあります。外部の力によってリテールバンクのシステムそのものが作り変えられようとしているからです。

外部(経済、規制、新旧の競合者)からのプレッシャーが徐々に高まる一方、消費者の需要と技術ソリューションにより新たな製品、サービス、提供方法に対するニーズは加速化しています。身軽な新興企業がこの市場に参入し、周辺サービスからコアへと到達しつつあります。加えて、銀行は収益増とコスト減の絶えまないプレッシャーに直面しています。

セレント最新レポート「銀行は孤島たりえない:急変するリテールバンキング環境の中で勝ち残るためのビジネスモデル」において、セレントは、銀行がいかにして行員、プロセス、テクノロジーを管理し、顧客に焦点を合わせたサービスを提供すべきかを探ります。銀行は個々の戦略に即して、自社のイノベーションのレベルを策定しなければなりません。



「ベンダー、顧客、パートナー、と銀行を巡る関係はこれまでより複雑かつ死活にかかわる重要性を帯びてきており、これは、銀行にとってチャンスでもあり脅威でもあります。個々の銀行を取り巻くエコシステムが、その底辺から、意識改革までも要する、大きな変化の時を迎えているからです。このエコシステムの中で勝ち抜くためには、ビジネスモデルの根本的な練り直しが必要となるでしょう」とセレントの銀行グループのシニアバイスプレジデントでレポートの著者であるダニエル・ラティモアは述べています。

銀行にかかるプレッシャーは何かを検証し、銀行は金融業界のエコシステムの一部にすぎないという認識に基づいて、根本から変革しなければならないとセレントは考えます。エコシステムの中での、自行を巡るパートナーとの関係を活用し、そこから、よりよい価値を顧客に提供することで、顧客との関係をより強固なものにすることができるでしょう。そもそも、顧客との関係が銀行ビジネスの基本なのです。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー