自動車保険におけるリスクのパーソナライゼーション:マシンの台頭

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/09/29
マーティ・エリングスワース

Abstract

突然みんなが運転しなくなったらどうなるか?

COVID 19は今まで質問されたことがなかった保険に関する質問を投げ掛けた。

これは、我々の生涯で最大の世界的な経済事象である。COVID-19に触発された在宅ワークへの劇的なシフト、大規模な失業、そして「不確実な暮らし」は、ほぼすべての次元でモビリティを縮小させた。

通勤用の自動車は、税金、手数料、保険料等の支払いが発生し、どんどん価値が下がり、家庭に何の価値も提供していない。仕事がなく、どこにも行く当てのない家庭にとっては、車を運転する機会は費用が掛かりすぎるように思える。

「古い働き方の終わりが始まっている」

不況の度に毎月の出費をめぐる意識の変化が起こる。今回の不況は二つの点で異なる。一つ目は、経済への影響が大きく、世界大恐慌以来の最悪の景気低迷に向かっていること。二つ目は、アナリティクスおよびデジタルなつながりのあらゆる部分がダイナミックな進歩の転換点を迎えており、データ、AI、クラウドの導入が史上最高値を超えるペースで一斉に加速していることである。

このような状況はいつまで続くのだろう?請求書の支払いができない人はどれくらいいるだろう?出費を減らすために保険を喪失したり、適切な補償を見送る人はいるか?利用量に応じた払い戻しを主張する人はいるか?価格対リスクのより良い価値を検討する人はいるか?企業はこの緊急事態に何をするだろうか?

本レポートでは、3つの大きなトレンドの融合について述べている。

  1. 接続する世界に合わせた観測データの増強
  2. リスクに基づくモビリティの保険料設定のための高度なアナリティクス
  3. リスクのパーソナライゼーションのための意思決定支援

データ、AI、クラウドの影響は、「より良い科学」の思考に含まれるもの、すなわち、より良いデータ、より良い価格、より良い経験、より良い透明性、より良いコストに、テーマ毎の状況を生み出している。スマートフォンやコネクテッド・カーで現在販売されている (又はこれから販売される) 許可を得てマシンに話しかけるマシンは、保険をより簡単で、より迅速で、より安く、より良いものにするだろう。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米