ベンダー
English

2020~2023年ウェルスマネジメントのIT支出予測:米国編

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/08/12
アワード・アーミルアンドリュー・シュワルツニール・シーハン

未知の領域を進むための指針:米国編

Abstract

COVID-19を契機に、多くのウェルスマネジメント会社が2020年以降の投資の優先順位を再評価している。本レポートでは、2023年までのIT支出を予測することで、不確実性の高い時期に明瞭性をもたらそうとしている。セレントの包括的なモデルは、CIO調査データ、マクロ経済予測、過去の事例に基づく結論を統合したものである。

さらに本レポートでは、30以上のユースケースを紹介し、先進的なウェルスマネジメント・テクノロジーの影響を明らかにすると同時に、ライトタッチ・オートメーション、ハイブリッドアドバイスの実現、デジタルオンボーディングなど、投資の「最優先」分野を特定する。

パンデミックの期間にリモートワーク・モデルが慣例となったことで、サイバーセキュリティの強化はデジタルオンボーディングと並んで最優先事項となっている。ハイブリッドアドバイス・モデルを中心に、企業はデジタル生体認証、ビデオ/ チャットベースのコミュニケーションおよび仮想アシスタントに投資することで、スムースなユーザー体験の実現を目指している。ハイブリッドアドバイス・モデルの採用は、ウェルスマネジメント業界で加速し始めている。

本レポートの重要ポイント:

米国の2020~2023年ウェルスマネジメントのIT支出予測

3つの潜在的な支出シナリオモデル

業界内最高クラスのテクノロジーにスポットを当てた30以上のユースケース

意思決定者の最優先事項を示すウェルスマネジメントCIOサーベイに基づく分析

これらの「最優先」投資分野の動向の把握

無料レポートサンプルのダウンロードはこちらから:

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
北米