ベンダー
English

金融機関によるデータの賢い活用方法 (データ・ファブリック)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/05/04
モニカ・サマヴィル

金融機関はスマート・ファブリック・アプローチを採用し、企業全体のデータをより有効に活用することにより、高度なインサイト・ケイパビリティを実現

Abstract

ホールセール金融機関のビジネス部門(LOB)やテクノロジー部門の責任者は、ビジネス上の成果を実現し、競争上の優位性を獲得するために、さまざまな角度から取り組んでいるが、共通した取り組みはデータである。金融機関がプロセス駆動型の組織からプラットフォーム駆動型の組織へと移行するにつれ、ビジネスの重点はカスタマー・エクスペリエンスに変化した。このような変化に対応するためには、企業レベルでインサイトを得るためのデータを使いこなし、活用する必要がある。大手金融機関は、その手段として、データ管理アプローチの最新の進化形であるエンタープライズ・データ・ファブリックに取り組んでいる。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米