ベンダー
English

テクノロジーは損害保険会社の好業績を下支えできるか?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/12/29
ドナルド・ライト

Abstract


セレントは、テクノロジーが損害保険の引受け業績の目覚しい改善にいかに貢献したかを検証しています。

損害保険の引受け業務は、業界全体でほぼ30年ぶりに黒字を記録しました。セレントの最新レポート「損害保険会社の好業績はテクノロジーによって維持できるか?」は、業績回復に寄与したテクノロジーツールを具体的に示しています。

レポートは損害保険の主要業務である「商品開発」、「保険料設定」、「新規顧客開拓および引受け」、 「サービス」、「保険金請求」に加え「IT」を取り上げ、保険会社が各分野で実践している(あるいは実践していない)ことが、引受け業務の利益率を決定す る「保険料」、「損害」、「経費」にどのような影響を及ぼしたかという点に焦点を当てています。セレントでは、テクノロジーが損害率の30%と、経費率の 50%の削減に寄与していると推計しています。

「ここにきて引き受け業務が黒字化した背景には、帳簿上、損失の支払い、顧客や代理人との関係に対する、業界のリスク認識が大きく変化したことがあります」と、シニアアナリストでレポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。

ライトはまた、「2007年も引き続き、引受け業務は極めて好調な実績を記録するでしょう。むしろ問題なのは、今後数年間のサイクルがどのように進展するかという点です。競争圧力が強まる中、引き受けサイクルは勢いを取り戻すだろうか。あるいは、経営陣の求める見積もりや保険条件を確保するためだけに多くの保険会社がこれらのツールを採用することで、サイクル自体が(その昔、ロイズがコーヒーハウスだったように)時代遅れの存在となってしまう可能性もあるでしょう。」

本レポートは11図と5表を含む26ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米