ベンダー
English

保険金請求システムのリプレース: 欧州系医療保険会社のケーススタディ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/03/19
ニコラス・ミシェロッド

Abstract


セレントは独自に考案した有益なテクノロジー基盤に照らして、欧州系保険会社によるITシステム更新の事例を分析しました。

セレントの最新レポート「保険金請求システムのリプレース:欧州系医療保険会社のケーススタディ」は、ある欧州系保険会社の事例を取り上げました。市場の変化に対応するため、トップダウンによるアプローチで、ITリソースを更新する前に全体の戦略を再検討するという方法をとりました。

レポートで取り上げたケースは、新たな保険金請求システムの導入によって保険会社の組織、業務プロセス、情報がいかに変化するかを具体的に示し、保険会社にとって注目すべき内容となっています。また、そうしたアプローチが業績の向上につながることも示しています。保険金請求システムの導入が業績の向上をもたらす理由として、以下の点が挙げられます。

  • ワークフロー、ルールおよびコンテンツ管理機能を利用する際の業務プロセスが簡素化され、一貫性が高まった。
  • より正確な業務・財務情報が管理者により早く提供されるようになった。
  • 保険金請求システムが一部の機能を自動的に行うため、人件費が減少した。

この保険会社が全てのステークホルダー(保険契約者、リスクまたは利益の管理者、そして何よりも社員)に有効なコミュニケーションツールを提供することでいかにサービスの質を向上させたかを明らかにしました。さらに、リスク管理の対象として保険のあらゆる分野、具体的には保険数理、商品設計、引受け、保険金査定、準備金積立などの分野を網羅し、商品のライフサイクルを通じてリスクの評価とプライシングを行うことで、同社ではこれら全てのプロセスが飛躍的に改善されました。

「戦略面を明確に理解しないまま新たなテクノロジーを導入すると、必ずとはいわないまでも多くの場合、問題が発生します」と、レポート執筆者で保険プラクティスのシニアアナリストであるニコラス・ミシェロッドは指摘しています。

本レポートは、欧州保険会社が明確な戦略を策定するまでの意思決定プロセスと戦略目標を達成するために保険金請求システムをリプレースした過程を明らかにしています。

T本レポートは17図と2表を含む28ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米