ベンダー
English

OAKNORTH CREDIT INTELLIGENCE: 信用分析の刷新および機械学習によるモニタリング

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2021/05/04

OAKNORTH CREDIT INTELLIGENCE:信用分析の刷新および機械学習によるモニタリング

Abstract

商業用ローンの組成は歴史的に複雑かつ非効率的であり、潜在的な借り手との最初の話し合いから始まり、クロージングしたローンを銀行のローン・サービシング・システムに計上するまで、多くの異なる分断されたステップを踏む必要がある。自動化とデジタル化のツールはかなり前から利用可能になっているが、多くの場合、銀行は優先度の高い法規制遵守のプロジェクトや大量の小規模企業向けクレジット商品の利ざや向上を優先し、商業用ローンテクノロジーへの投資を先延ばしにしている。OakNorth社のCredit Intelligence Suiteは、ポートフォリオのインサイト、信用分析およびローンのモニタリングを通じて、銀行がより適切な情報に基づいて商業用融資に関する意思決定を行えるよう支援するものである。

250名のクレジットサイエンティストとソフトウェアエンジニアからなるチームが5年以上かけて構築したON Credit Intelligence Suiteは、データ駆動型のクラウドホスト・テクノロジーであり、豊富でダイナミックなデータセットとサブセクター固有のシナリオに基づき、貸し手に対して借り手レベルとポートフォリオレベルの両方でボトムアップの詳細な将来の見通しを提供する。

ON Credit Intelligenceを駆動するのは次のような機械学習である。

  • OCRとNLPによる財務文書の取り込み
  • 財務諸表上の異常を検知
  • 同業他社の検索とランク付け
  • 成長、収益およびコストの予測因子を特定するためのドライバーの選択
  • 潜在的な問題を把握するためのポートフォリオのモニタリング

銀行は様々なAIツールや既製のAI対応クレジットスコアリングソリューションを活用し、社内の商業用ローンのパフォーマンスや企業信用調査機関から購入した借り手のデータを分析することができる。借り手より提供される財務諸表は、非伝統的なデータやこれまで入手不可能だったデータを含む膨大なデータセットによって情報量が増えている。しかし、こうした従来の財務諸表に機械学習を適用するというOakNorth独自のアプローチにより、従来の信用分析やポートフォリオモニタリングツールとは一線を画すプラットフォームになっている。