ベンダー
English

コモディティ市場:規制動向が成長機会を誘導

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/09/16
アンシュマン・ジャスワル

Abstract


金融危機を機に、コモディティ・デリバティブ市場は激変しました。2008年6月以降、OTCコモディティ・デリバティブ市場は縮小傾向にあり、名目残高は78%減少しています。上場デリバティブの取引は2007年に減少したものの、その後は123%増と回復しています。

オルタナティブ資産としてのコモディティの重要性は、ここ2年で上場デリバティブの取引が拡大したことからも裏付けられます。市場の方向性を左右するカギとなるのは、規制の動向です。セレントの最新レポート「コモディティ市場:規制動向が成長機会を誘導」は、コモディティ市場の取引慣行を様変わりさせる規制改正について取り上げています。

出典:セレント

「コモディティ・デリバティブ市場に対する規制強化を受けてコモディティの現物取引が拡大し、現物市場への注目が高まっています。銀行がこの分野への参入を図る一方、コモディティ取引業者は逆に資産運用会社やデリバティブ取引部門の設立に乗り出しています」とセレントのシニアアナリストでレポートを執筆したアンシュマン・ジャスワルは述べています。

このレポートは13図と3表を含む34ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米