ベンダー
English

クラウド型コアプラットフォームの継続的なデジタルトランスフォーメーション:銀行の将来を担う次世代コア・プラットフォーム

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2022/06/20

Abstract

コアバンキングシステムのテクノロジーは、過去5年間でそれ以前の20年よりも大きく変化した。新たなコアシステムベンダーが、クラウドネイティブ開発と最新技術を全面的に採用したシステムを市場に投入し、市場のダイナミクスは変化している。こうした新興企業は、より多くのシステムの選択肢を金融機関に提供し、世界中のコアバンキングシステム市場を全く別の姿に変えてしまうだろう。本レポートの分析対象となったコアプラットフォームプロバイダーは以下のとおり:10xFISFiservFive DegreesMambuOphenPismoTechnisysThought Machine

金融機関は、従来の計算方法およびコアシステムの移行によるコストとメリットを再考しており、コアシステムの現代化を実現する新たな移行手法を検討している。デジタルバンキングの需要に伴い、多くの金融機関がレガシープラットフォームを見直し、新しい選択肢を検討している。

本レポートの分析内容は以下のとおり:

  • 次世代のコアベンダーを生み出す原動力となった市場要因を検証
  • クラウドネイティブなシステムアーキテクチャと市場開拓戦略を深掘り
  • 次世代コアベンダーと既存のコアシステムベンダーを比較して、多くの相違点を明示
  • 差別化要因となる特長および機能を提示

注:本レポートは、既存のコアバンキングシステムをセレント独自のABCスコアリング手法を用いて分析したセレント・コアプラットフォームABCレポートとは別のものである。本レポートの分析結果には、特定の金融機関に最適なプラットフォームについて明確に比較する内容は含まれていない。

今後5年間でリスク管理に最も大きな影響を与える新テクノロジーは何か?