ベンダー
English

保険業界におけるブロックチェーン:ユースケース

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/03/03

Abstract


ブロックチェーンはハイプサイクル(訳注:新技術登場に後に続く諸段階)に入っており、それに付随して将来性の高い新テクノロジーが生まれています。同テクノロジーが成熟段階に達するまで、保険業界ではこれを利用して現在の不便を解消しようとする動きが見られるでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1

ソリューションの設計段階で考慮すべきブロックチェーンの主要要素は?

2

保険業界におけるブロックチェーンの有効なユースケースの特徴は?
3

保険会社が成果を上げるためにはどのような手法をとるべきか?


本レポートでは「ブロックチェーンで何が可能になるのか」という問題への理解を進めるため、扇情的なスタンスを廃し、実践的かつ保険業界独自の視点から見解を述べています。また、保険ビジネスのリーダーにブロックチェーン・テクノロジーがもたらすチャンスを認識してもらうことを目指しています。システム設計の主なコンセプトを明らかにし、個別の利用事例を紹介し、保険業界における最新の活動を取り上げています。

「保険会社は保険ビジネスにおけるブロックチェーンの用途について調査を始めています。一部では共同開発の取り組みも始まっており、ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資する動きも見られます。各社とも、同テクノロジーが自社に及ぼす影響を把握し、業界内の動きを注視するためにリソースを振り向けるべきでしょう」とセレント保険プラクティスのシニア・アナリストでレポートを執筆したマイク・フィッツジェラルドは述べています。

「保険会社が今の初動段階でとるべき有効なステップとして、用途の特定、暗号化アプリケーションの試験、フィンテック企業との関係構築などが挙げられます」と保険プラクティスのシニア・バイス・プレジデントでレポートの共著者であるジェイミー・マクレガーは指摘しています。