ベンダー
English

キャッシュ、流動性および運転資金管理の自動化をめぐるトレンド:財務管理システムのベンダー評価(パート1および2)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/07/16

Abstract


厳しい経済環境下で、キャッシュ、流動性および運転資金を同時に管理する必要性が高まっています。成長を続ける財務管理システム市場ではベンダー間の競争が加速しており、各ベンダーの相対的な強みと弱みを認識することが不可欠となっています。

財務管理システム(TMS)は、企業の財務担当者が業務と業績を一体化させるためのソフトウェア・アプリケーションです。セレントの最新レポート「キャッシュ、流動性および運転資金管理の自動化をめぐるトレンド: 財務管理システムのベンダー評価(パート1および2)」は複数のTMSソリューションについて、財務担当者のキャッシュ管理をサポートするテクノロジーおよび機能を分析・比較しています。

企業の金融サプライチェーンに関する重要データは様々なシステムに分散しており、それらをより効果的および同時に可視化することが不可欠となっています。レポートでは、調査対象のベンダーソリューションが従来のバックオフィス向けキャッシュ管理アプリケーションの枠を超え、統合プラットフォームや決済処理プラットフォームなど特にニーズの高い分野に対応するようになった過程を検証しています。

「TMSの本来の価値は、その特性や機能だけから測ることはできません。TMS導入による長期的な効果やROIは、外国為替、取引分析、トレーディング、ヘッジ会計、決済、ネッティング、プーリングなどを処理するベスト・オブ・グリード型ソリューションや勘定系システムといかにうまく連携できるかにかかっています」とセレント銀行プラクティスのシニアアナリストでレポートを共同執筆したエンリコ・カメリネッリは指摘しています。

レポートではセレント独自の「ABCDベンダービュー」にもとづき、ベンダーソリューションが企業の財務担当者のニーズに対応できる機能を備えているかを分析しています。また、独自の基準にもとづく各ベンダーの評価を詳述するとともに、その相対的な位置づけを図表化しています。

レポートではFundtech、サンガード、Wall Street Systems、Kyriba、SAPおよびIT2の手がけるTMSを取り上げています。情報量の多さから、レポートは2つのパートに分けて発行されます。

ベンダーの比較結果をまとめたパート1のレポートは13図と1表を含む58ページから成り、IT2、サンガード、Wall Street Systemsのベンダー3社を取り上げています。

パート2のレポートは13図と1表を含む全60ページから成り、Fundtech、Kyriba およびSAPを取り上げています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米