2010年 コーポレートバンキングのテクノロジートレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/01/27
ジェイコブ・イエーガー Jegher

Abstract


2010年のホールセールバンキング業界では、主にリスク管理、グローバル・トランザクション・バンキング、次世代オンラインバンキングの3つが全世界共通の優先課題とされるでしょう。各地域のトレンドは、以上の3つのキーワードのうちのいずれかを含んだものになっています。

セレントは毎年、世界各地のアナリストを結集し、主要地域(北米、欧州、アジア)の銀行業界における主要トレンドを分析しています。最新レポート「2010年コーポレートバンキングのテクノロジートレンド」では、各地域の銀行およびベンダー、顧客と非顧客、規制当局および中央銀行に対する調査の結果をまとめ、グローバルな視点での最新動向を分析します。

2009年の世界金融危機以降、銀行業務はより難しいものとなっています。ようやく回復期に入ったとはいえ、不振な経済環境の影響はどの地域の銀行にも及んでいます。また、金融システムの崩壊危機を目の当たりにし、銀行は国民や規制当局からいっそう厳しく監視されることになりました。このような大きな変化は、残念ながら今後も続くことでしょう。これにより、世界の銀行は新たな現実の中に置かれるものと思われます。

「米国ではリモート・デポジット・キャプチャー(RDC)、欧州では単一ユーロ支払地域(SEPA)、アウトソース、グローバルプロセシング、アジアではトレジャリーとキャピタルマーケッツ、と各地域独特のトレンドが見られます」とセレント・バンキンググループのシニアアナリストで本レポートの執筆者であるジェイコブ・イエーガーは述べています。

レポートでは、主要トレンドを世界全体と各市場別に分けて検証しました。

このレポートは12図を含む36ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米