保険におけるAI(人工知能)の活用: 「Aware Machine」プラットフォームの構築【全訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/07/30
マイク・フィッツジェラルドとクレイグ・ビーティ

Abstract

(このレポートは2015年7月31日に" Machine Intelligence in Insurance: Designing the Aware Machine" というタイトルで英文で発表されましたが、全訳版を2016年4月13日に発行しました。)
※ダウンロード:レポート(日本語)=抄訳版PDF、(英語)=原文レポートPDF

近い将来、保険会社の多くがAIシステムの試験的な開発を始めるとみられます。本レポートは、こうした取り組みの背景にあるマシンインテリジェンスについて説明しています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 「Aware Machine」プラットフォームとはどのような機能を備えたものか?

2

どのような課題にこれらのプラットフォームは有効か?
3

保険分野ではどのような高価値の活用事例が考えられるか?


一般的なビジネス誌でもAI、人工知能、マシン・ラーニング、ディープ・ラーニング、コグニティブ・コンピューティングなどの話題が取り上げられるようになっています。保険のプロフェッショナルは、最新テクノロジーについて常に目を光らせているものの、こうしたテクノロジーを保険業務に適用することは難しいと考えるかもしれません。
「人工知能、マシン・ラーニング、ディープ・ラーニング、コグニティブ・コンピューティングといったテクノロジーは、伝統的な保険ITの前提を覆すものであり、チャンスを広げることにつながるでしょう」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポートの共同筆者であるマイク・フィッツジェラルドは述べています。

こうした動きはコンピューティングにおける次の「ビッグアイデア」です。最新テクノロジーを、従来とは異なる設計アプローチで活用する、このようなプラットフォームをセレントは「Aware Machine」と名付けました。これによって、これまではコストが高すぎる、複雑すぎるため解決が困難とされてきた問題の解決を図ります。

本レポートでは「Aware Machine」モデルについて説明し、こうしたプラットフォームが解決策となりうる課題はどんなものか、具体的なモデルの活用事例を使ってコンセプトを実証しています。





Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米