ヘルスケアと保険:健康情報科学、モノのインターネット、および統合された電子健康記録

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/10/05
マックス・アン

Abstract

健康管理の重要性は嘗てなく高まっており、デジタルヘルスケアソリューションは、パーソナライズされた健康状態の評価と総合的なヘルスケアを可能にしている。デジタルヘルスケアソリューションは、医療関係者の支援およびネットワークを広げ、遠隔地にいる顧客や患者に遠隔医療相談や遠隔リハビリテーションを提供している。このようなサービスの利用を支持する人は増える可能性がある。そのため、保険会社はヘルスケアスタートアップと提携し、保険会社のポータルやアプリを通じてソリューションを提供している。これにより、保険、銀行、ヘルスケア企業の統合されたエコシステムを提供し、テクノロジープロバイダーとパートナーシップモデルを形成して顧客に関連のソリューションを提供している。

デジタルヘルスケアソリューションの採用には課題がないわけではない。ヘルスケアのためのテクノロジーソリューションが利用できるにもかかわらず、遠隔医療、バーチャル健康相談、スマートヘルスアプリ、スマートメディシン、人工知能(AI)に基づく診断の利用は依然として逆風に直面している。この問題は、従業員が雇用主に対して職場での健康・福祉プログラムへの投資を期待していることにも関連しており、そのような期待は今後ますます優先度が高まり、雇用主が従業員を惹きつけ、維持し、モチベーションを高める方法を変えていくことになるだろう。電子健康記録(EHR)とAIを利用したイノベーションの価値は、対象ユーザーの教育の強化を必要とするだろう。

また、データはデジタルヘルスケアソリューションの普及の基盤となるものなので、デジタルヘルスケアの提供、保険引受、保険請求ソリューションの成功のためには、個人データのプライバシーに関する懸念やヘルスケア提供者のためのデータアクセスに対処する必要がある。データは様々なソリューションで収集・利用される可能性があり、本レポートではヘルスケアや保険のための利用が拡大する可能性のあるトレンドをカバーしている。トレンドには、ヘルスインフォマティクス、クオンティファイド・セルフ(QS)、保険と統合された電子カルテへのデータ保存などが含まれる。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米