担保管理のビジネスモデルとテクノロジー:要塞型から連合型へ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/10/07
キュビラス・ディン

Abstract


共有サービス、ユーティリティ、ジョイントベンチャーといった革新的なソリューションやビジネスモデルの発展は、状況的要因による担保不足の問題を軽減するほか、担保管理のインフラおよび業務上の難題である複雑なコスト構造を解決する「総合的なソリューション」になる可能性があるでしょう。

担保管理業務は各金融機関が自社のインフラおよびデータを有効化するだけでなく、業界レベルで担保プールおよび担保移管の連携を目指す新たな段階に突入しつつあります。担保管理についての新機能が求められているにもかかわらず、コストや業務の複雑さがいまだ阻害要因となっており、中でも、最大手の銀行、ブローカーディーラ以外、すなわち地方銀行、アセットマネジャー、年金基金、企業、超国家企業などは特に困難な環境にあります。

「資本市場の再編の流れが加速する中、新たなオペレーションが導入されつつあります。傍観者を決め込んでいる金融機関にとっても、何も手を打たない、あるいは最も簡単なやり方に固執する選択肢はもはや有効とは言えないでしょう」と、セレント証券グループのリサーチディレクターでレポートを執筆したキュビラス・ディンは述べています。

市場では、ビジネス上の利害関係からジョイントベンチャー、企業買収、市場主導型ユーティリティに至るまで、様々な連携の動きが見られます。既に、業務提携や企業買収を通じて自社に欠けている機能や規模を積極的に獲得しようとする先見性の高いプレイヤーも見られます。金融機関の間では、データおよびテクノロジープロバイダーと連携する傾向が強まっています。新興プレーヤー、全くの新規参入もありますが、ほとんどは業界大手プレーヤーです。

レポートでは、担保管理の5つの商用モデル、各金融機関および業界全体の担保管理機能の強化策を特徴づける戦略的構成要素の選択肢を挙げるほか、担保管理の価値連鎖で自らのポジションを確立しようとする有力プレーヤーを取り上げています。また、ベストプラクティスを実行するための提言も示しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米