ベンダー
English

セレント・モデルアセットマネージャー2018 - エマージング・イノベーション: Deutsche Asset Management

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/04/24
ブラッド・ベイリー

Abstract

2018年モデルアセットマネージャー・アワード: エマージング・イノベーション部門は、Deutsche Asset Managementの「Deutsche Bauhaus」に贈られます。Deutsche Bauhausは、ユニークなデザイン言語を用いたアセットマネジメントプラットフォームで、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供するものです。

Deutsche Bankは、アセットマネジメントとウェルスマネジメント事業のイノベーティブなデジタルトランスフォーメーションに、カスタマーセントリシティを持ち込みました。

Deutsche Bankは、HCL Technologiesの協力のもと、専門チーム「Deutsche Bauhaus」を立ち上げ、ユニークなデザイン言語を用いた自社専用のプラットフォームを構築し、最新のオープンソーステクノロジーを活用することで、傑出したカスタマーエクスペリエンスを実現しました。

「Deutsche Bauhaus」チームは、ユーザーフレンドリーで未来志向のアプリケーションのデザインに、アジャイルなデリバリーと、オープンソースを活用したイノベーティブなプラットフォーム、そしてAIとロボティクスを組み合わせることで、直感的でカスタマーセントリックなエクスペリエンスを実現しました。このプラットフォームを用いて様々なアプリケーションが既に開発されています。例えば、ドイツではロボアドバイザーが、そしてアジアではeBankingが本番稼動しています。また、社内では従業員用のアプリケーション(例: Group Treasury Liquidity Management)もリリースされており、労力と時間を大幅に抑えながらも、他社には真似できないほどに優れた利便性を提供しています。

その他のモデルウェルスマネージャー・アワード受賞社はこちら

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米