ベンダー
English

米国債トレーディングテクノロジー:変化の最前線

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2017/04/19

Abstract


債券市場は急速な変化の真っただ中にあり、米国債トレーディングはその最前線に位置しています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 米国債市場の現状は?

2

国債市場向けテクノロジーをめぐる状況は?
3

代替ビジネスモデルと新たな取引ベニューは国債市場にどのような変化をもたらしているか?

本レポートは、米国債市場と銀行の債券システムの再構築について取り上げています。銀行はトレーディングとマーケットメーキングの既存モデルを一新し、顧客エンゲージメントの分析に焦点を合わせています。バイサイドの金融機関はこうした変化に最も適合するよう既存システムの再配置を進めています。
セルサイドでは、バイサイドのニーズの急速な変化に伴い、米国債市場は変曲点を迎えつつあります。最先端を行く最大手のアセットマネジャーは、債券取引にあたってより多くの代替手段、アクセス手段、さらには分析材料を求めています。

米国の金利市場の現状は5年前の為替市場とよく似ています。すなわち、大規模なシステム変更、代替ビジネスモデルの導入、競争上の淘汰が進もうとしており、流動性の調達手段が急速に変わりつつあります。代替ビジネスモデルは何よりも国債取引に大きな変化をもたらしています。
「金利変動が激しい局面では、金利取引の重要性が増します。今は金利予想の変曲点にあると同時に、金利取引がアナログからデジタルに移行する転換点でもあります。」

「あらゆる投資銀行で、国債トレーディング部門の大規模な再設計が進められています。それはバイサイドによるエンゲージメント、パートナーシップ、国債市場における流動性の調達方法に大きな影響を及ぼしています」と証券プラクティスのリサーチディレクター、ブラッド・ベイリーは指摘しています。