ベンダー
English

中国の金融業界におけるビッグデータ活用の最新トレンド【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/11/05
フア・ジャン

Abstract

(このレポートは2015年11月5日に"Trends in Big Data Applications in China’s Financial Industry" というタイトルで英文で発表されましたが、全訳版を2016年4月25日に発行しました。)
※ダウンロード: レポート(日本語)=抄訳版レポートPDF、(英語)=原文レポートPDF

2013年5月のレポート「中国銀行業界のビッグデータ戦略」以来、ビッグデータが活用されている分野は与信、クレジットカード、保証、資金調達のマッチング、投資などに広がっています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 どのような金融機関がビッグデータを活用しているか?

2

ビッグデータの主要プロバイダーは誰で、どんなサービスを提供しているか?
3

金融分野でのビッグデータの活用のトレンドは?


本レポートは中国金融業界におけるビッグデータの新たな用途、非金融機関における戦略、プロバイダー、具体的な事例を紹介し、業界のトレンドを明らかにします。

大手銀行はeコマース、ソーシャルネットワーキング、P2P、ビッグデータに関するプラットフォームの構築と販売促進を完了させ、顧客データを容易に入手できるようになっています。また、Ping An InsuranceやTaikang Life Insuranceをはじめとする大手保険会社の中には、ビッグデータセンターを立ち上げてサービスレベルの向上を目指しているところもあります。証券業界では、Haitong Securitiesが顧客の行動と性格を分析する技術を開発しました。

ビッグデータの主要ベンダーとしてはGlobal Big Data Exchange、Jusfoun、Credit Sesame、3Golden、Bairong Financial Information Services、CIITCなどが挙げられます。

「将来的には、大手金融機関もオフラインでデータを取得するようになるかもしれません。そうなれば、オンラインによる商品検索、オフラインでの顧客経験(例:実店舗でのショッピング)、オンライン上での取引、経験や感想のシェア(例:掲示板への書き込み)を1つに結ぶクローズドループが形成されるようになるでしょう」とセレントのアジア金融サービスグループのアナリストでレポートを執筆したフア・ジャンは述べています。

本レポートは中国語版もあります。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, コーポレートバンキング, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア