ベンダー
English

ウェルスマネジメント向けCRMシステムベンダーのランキング

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2013/04/25

Abstract


今後1年間のCRMソリューション関連の投資は、横ばいまたは増加傾向で推移するとみられます。CRMシステムは、効率性の向上やコストの削減を実現し、個人投資家のコンタクト情報、資産残高や投資行動などをより総合的に把握するためのテクノロジーをもたらすものです。

セレントの最新レポート「ウェルスマネジメント向けCRMシステムベンダーのランキング」は、北米市場に参入している8つの主要なウェルスマネジメント・プラットフォーム・ソリューションを紹介しています。レポートで取り上げたベンダーはAdvisors Assistant、Grendel、Junxure、Microsoft Dynamics、Pegasystems、NexJ、 Redtail TechnologyおよびSalesforceです。

顧客関係管理はコンセプトとして新しいものではありませんが、CRMシステムがアドバイザーやウェルスマネジャーに提供できるサポート機能はここ数年で進化しています。

「最新のCRMシステムを使って、ユーザーは複数のデータから取り込んだデータを統合し、様々なデバイスやロケーションからアクセスし、組織全体で共有できるようになりました。ウェルスマネジャー向けのCRMシステム内に収集できるデータやアクセス可能なデータの内容は、単に顧客のコンタクト情報にとどまらず、財務データや投資行動などに広がっており、CRMシステムをアドバイザーが使用している他の主要アプリケーションと統合することは非常に重要になっています。CRMシステムをアドバイザーの端末上に組み込めるかどうかが、システム普及のカギを握っているといえるでしょう」と、リサーチディレクターでレポートを執筆したイザベラ・フォンセカは述べています。

「様々なタッチポイントから幅広く顧客データにアクセスできるようにすることが重要です。支店、コールセンター、セルフサービスチャネルなどからデータを取り込めれば、これらを蓄積・分析した上で有効活用が可能になります。CRMはデータを一カ所から集めるだけでなく、これを追跡・セグメント化できるため、ウェルスマネジャーは様々なチャネルや顧客セグメントの中から最適なターゲットを見つけることができるでしょう」とレポートの共同執筆者であるアナリストのアレキサンダー・カマルゴは述べています。

レポートではまずウェルスマネジメント向けCRMシステムの定義を述べ、レポートで取り上げるにあったってのベンダーの選定基準を明らかにしています。次に、市場の現状とテクノロジー動向を説明しています。さらに、各ベンダーについて詳しく紹介し、その強みと弱みを分析し、各ソリューションの特性・機能を比較しました。最後に、セレントの評価ツール「ABCDベンダービュー」を使ってベンダーのランク付けを行い、市場の今後の方向性について予測しています。

本レポートは60p、19図と35表で構成されています。