次世代の投資家:ターゲットはミレニアム世代

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/07/14
アシュレイ・ロングボー

Abstract


Y世代としても知られる「ミレニアム世代」は最大の人口を抱える世代の1つであり、ウェルスマネジャーがターゲットにする次世代の投資家でもあります。

本レポートは、テクノロジー主導の社会における金融市場の動きにもとづいて形成されてきた、ミレニアム世代の投資や個人の資金計画に対するアプローチを分析しています。独自の特徴を持つ彼らが、今度はウェルスマネジメント業界を形成する役割を担いつつあります。

ミレニアム世代の投資姿勢は、昨今の金融市場の動きやデジタルチャネルの進化によって形作られたものです。このレポートでは、これによる課題と影響、具体的には、金融資産および投資マインドの喪失、金融機関や投資アドバイザーに対する同世代が持つ不信感、規制の強化などを取り上げます。ミレニアム世代の個人投資家の全体像を、商品およびサービスの好み、ミレニアム世代の投資家に向けてのデジタル戦略の重要性、同世代における女性投資家の拡大という切り口で分析し、ミレニアム世代の投資行動が金融市場に及ぼす長期的な影響とウェルスマネジャーやフィナンシャルアドバイザーに及ぼす潜在的な影響を予測しています。

レポートでは取り上げた国はフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイスおよび英国(総称して「西欧」)と米国です。西欧と米国には計1億5,800万人のY世代(ベビーブーマーの子世代で多くは1982~2000年の生まれ)がいると推計されます。

「ミレニアム世代がユニークな特徴を持つ投資家である理由として、主に3つが挙げられます。①国際間で歴史的にみても最大規模の冨が移管される市場で重要な役割を担っていること、②雇用および賃金が低迷する環境下で同世代が成人する頃には債務が膨れ上がっていること、③ITに関して最も豊富な知識を持つ世代であること、です。こうした特徴は、テクノロジーのイノベーションで常に一歩先を目指しているウェルスマネジメント業界に課題とビジネスチャンスの両方をもたらすでしょう」とセレントのウェルスマネジメントグループのアナリストでレポートを執筆したアシュレイ・グローバーマン は述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米