ベンダー
English

アフリカの資金洗浄に立ち向かうEcobank

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/09/13
ジョアン・マッゴーワン

このケーススタディは、あらゆる銀行にとって参考となるでしょう。

Abstract

アフリカの金融システムにとってマネーロンダリングとテロリズムへの資金供与は深刻な脅威であり、銀行が準拠すべき規制の多さが問題をさらに深刻化させています。

トーゴ共和国を拠点にアフリカ全域で事業を行うEcobankグループは、33種類ものマネーロンダリングおよびテロ資金供与の防止(AML/CFT)用取引監視システムを36ヵ国で運用しつつ、25ヵ国の規制当局と、さらに複数の国際的な規制当局への対応に追われていました。

膨大な課題を抱えたITと非効率な業務に直面した同グループは、これ以上この破たんしたモデルにリソースを投入し続けることはできないと判断しました。

本レポートでは、AML/CFTのための集中的なコンプライアンスシステムの導入とガバナンス体制の確立を、EcobankがFIOC TONBELLERと共にいかに成功させたかを検証します。

このケーススタディは、あらゆる銀行にとって参考となるでしょう。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, リスク&コンプライアンス, フィナンシャルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米