ベンダー
English

ウェルスマネジメントにおけるウェアラブル:金融×ファッション

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2015/05/11

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 ウェアラブルテクノロジーとは?

2

ウェルスマネジメント業界でウェアラブルテクノロジーを活用するのは誰か?
3

ウェルスマネジメントにおけるウェアラブルの将来像は?

ウェアラブル機器は身に着けられるデジタル機器(眼鏡、時計、カメラ、クリップなどの形態)で、入力操作をほとんどせずに(あるいは最小限の入力だけで)管理でき、リアルタイムでデータにアクセスして情報を収集することが可能ということで、急速に注目を集めています。

「こうしたデータが現実世界での意思決定や行動に影響を与え、ウェアラブルは我々の日常の生活習慣を変える可能性を秘めています。ウェアラブルの利用範囲は健康、金融、ライフスタイル、ゲームなど複数の分野にわたっていますが、これだけにとどまるものではありません。今やかつてないほど容易に『自己の定量化(QS)』が実現できるようになっているのです」とセレントのウェルスマネジメントグループのアナリストでレポートを執筆したアシュレイ・グローバーマンは述べています。

ウェアラブルテクノロジーはまだ初期段階にあり、特にウェルスマネジメント業界での普及は広がっていません。これは、約10年前にスマートフォンやタブレットが登場した際の状況とよく似ています。ウェアラブルの普及率はスマートフォンやタブレットとほぼ同じペースで推移するか、それよりやや速いペースになると予想されます。ウェアラブルの機能や性能が向上するにつれ、個人投資家やウェルスマネジャーの間でもその普及率が上昇するでしょう。金融業界の内外でデジタル革命が進んだ結果、消費者のニーズはますます複雑化しています。消費者が選択肢、利便性、カスタマイズ化を求めるなか、それに伴う課題とビジネスチャンスが生まれています。

ウェアラブル機器向けの既存の金融アプリケーションはPFM(個人財務管理)/マネー管理や銀行サービスが多く、ミレニアム世代やマス富裕層の顧客を対象としています。本レポートでは、ウェルスマネジメント分野におけるウェアラブルの役割を考察し、ウェアラブルがマス富裕層向けにとどまらず、例えばアドバイザー向けのCRMシステムとの統合などを通じて、富裕層顧客のニーズにも対応し得るか否か検証しています。また、ウェアラブル市場の概要を説明し、その普及を促進する要因、ウェアラブルが個人投資家とウェルスマネジャーに及ぼす影響、ウェルスマネジメント業界全体における展望を示しています。