ウェビナー:中国保険市場におけるテレマティクスの可能性

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/10/22
Virtual Event, Virtual Event

テレマティクスを使った保険商品はまだ中国には存在しませんが、条件がそろえば今後3~5年で中国に導入される可能性があります。

本ウェビナーでは、アジア金融サービスグループのシニアアナリスト、ウェンリ・ユアンが、世界での保険商品へのテレマティクスの活用例、テレマティクス関連保険商品の概要とそれぞれの異なるビジネスモデルについて解説します。また、中国における自動車保険市場やテレマティクスの現在の状況からして、テレマティクスを活用する商品の拡大には何が必要か、この市場に参入予定 の保険会社に提言しています。

「保険への活用がテレマティクスの主な用途となる可能性があります。保険がテレマティクスの発展を促進し、また、テレマティクスが一定の水準まで発展した ときには、その発展がテレマティクス 保険商品の発売を後押しすることになるでしょう。最適なビジネスモデルを構築できれば、テレマティクスサービスプロバイダと保険会社は、お互いに利益を実現しあうことができるでしょう」とウェンリ・ユアンは述べています。

本ウェビナーは既刊レポート、「中国保険市場におけるテレマティクスの可能性」に基づいています。

登録はこちらから(ウェビナーは英語にて実施します)
https://celent1.webex.com/celent1/onstage/g.php?t=a&d=711066266

本ウェビナーは参加無料です。詳細についてはMarie Aquino maquino@celent.com までご連絡ください。

イベント details

Geographic Focus
アジア