レガシー・モダナイゼーション(その4):レガシーを再生産しないモダナイゼーション

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
14 October 2015
Eiichiro Yanagawa

本稿では日本の金融業界における、レガシー・モダナイゼーションの現状と今後の方向性を考察する。

第1回では2015年春に実施した、レガシー・モダナイゼーション・サーベイ2015の結果から日本のレガシー現代化の現状を明らかにした。第2回では、幾度となく現代化の荒波を経験し、進化し続ける自動車産業の歴史に知見を求めた。第3回以降、目線を保険業界に特化し、保険会社にとって現代化の意味するところを述べた。最終回となる本稿では、レガシーを再生産しないモダナイゼーションを提言する。

ランドスケープとターゲティング

自社に固有な、暗黙知としてのシステムマップを、ステークホルダーに理解可能なシステム概念図に書き起こすことは重要である。加えて、業界に共通な、形式知としてのシステムランドスケープ(実現するビジネスや関与するステークホルダーの単位での、基幹システムの構成要素図)に展開することで、自社に固有な要素が浮かび上がる。基幹システムを自ら設計し、開発し、運用し、保守してきた日本の保険会社は、こうした作業に不慣れかもしれない。何が標準で、何が固有か、何処が外部調達可能で、何処を内製化すべきか。現代化の対象を特定することは、プロジェクトのスコープを定義すると同時に、経営戦略の優先課題に、基幹システムのケーパビリティから優先順位をつけることにつながる。

図 1:保険会社のシステムランドスケープ

legacymodernization_4

(出典:セレント)

レガシーを再生産をしないモダナイゼーション

現代化プロジェクトの最大のリスクは、レガシーの再生産である。セレントは、このことはシステムの安定稼働やビジネスケースの実現以上に、重要と考える。出来上がった基幹システムがレガシーの再現であってはならない。そのために、以下の3点を提言する。

  1. 自動化とその複雑系への適用:
    最初の、そして最後のターゲットは、プロセスとサービスの自動化であろう。保険事務処理のストレート・スルー・プロセッシング(Straight Through Processing:STP)と、システムのみならず、事務及びコミュニケーション・プロセスの高運用性の実現の鍵を握るのは、事業プロセスの自動化とその複雑系(輻輳し、例外処理の多いプロセス)への適用である。
  2. コアスタンダードの確立と、ローカルバリエーションの許容:
    業務の敏捷性確保と、ITコスト削減の両立は、より下層のレイヤでの、再利用性と標準化が鍵を握る。
    プレゼンテーション、ビジネスロジック、データの3階層の内、上位2階層に共有化されるべきデータレイヤの再利用性と標準化は、その困難性故に、今回のサーベイにおいても「データモデルの硬直性」としてIT環境の課題の筆頭に挙がった。しかし、この部分に取り組まずして、レガシーの再生産からは脱出出来ない。
  3. ソーシングモデルの見直し:
    モダナイゼーションプランは、ソーシングモデルの見直しを含むべきである。それは設計フェーズから始まり、構築フェーズで評価され、その実現可能性が十分に検証されるべきである。グローバルな保険ITサービス企業のオファーは基幹システムの構築、運用、保守全てに広がり、選択肢は多い。既存アプリケーションの保守、テストに関するCenter of Excellence(CoE)、データ移行など、活用範囲も拡大している。

図 2:モダナイゼーションのターゲット: ソーシングモデルの見直し

legacymodernization_4-2

(出典:セレント)

最後に

こうした現代化の施策とその実行は、金融機関の事業戦略そのものを大きく転換する。つまり、システムの現代化は、ビジネスの現代化を加速する。セレントは、現代化の目指すべき方向性として、一つの金融機関が特定の顧客を囲い込む戦略から脱却し、以下のような新たなビジネスモデルへの転換を提言する。

  • 先端をゆくデジタル顧客とのコミュニティーの形成
  • バリューチェーン全般でのエコシステムの構築
  • 再利用と深化の出来るテクノロジーの採用
  • テクノロジーのサービス化、ホワイトラベル化、そして収益モデル化

セレントは、レガシーの現代化とは「ビジネスの現代化」であり、「デジタルとイノベーションへの布石」と信じる。

セレントレポート:

日本の保険業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート1:調査結果分析と現状把握

日本の保険業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:保険業界への提言

第1回へ

第3回へ

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific