日本のオープンAPIバンキング - その機会と脅威、そして戦略 Part 3: オープンバンキング戦略の提唱

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
6 May 2018
Eiichiro Yanagawa

本稿の最後に、オープンAPI戦略を構築する金融機関、それをサポートするITベンダーに対して、オープンバンキング戦略を提唱する。以下の各点は、先行市場における先駆者的な取り組みを開始した企業への助言を、日本市場に向けてローカライズした内容である。

金融サービスや金融機関経営は、各地域固有の金融規制や制度に大きく依存する。今回のオープンAPIの動向も、その戦略において世界標準など存在しない。しかし、いつの時代も先行企業の成功と失敗に学ぶことは多い。「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。(Otto von Bismarck)」 ドッグイヤーのデジタル時代にこそ、先人の経験に学ぶことが重要だ。

グローバル市場からの示唆として、セレントは、「新規制への準備は、ビジネスとテクノロジー戦略の再構築機会とすべき」と提唱する。それは、以下の4つの提言である。

  • オープンAPIビジョンの策定
  • 商品・サービスの再設計
  • 開発者とTPPsとの関係構築
  • ITをイネーブラーとして再設計
sign in or register to read more

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific