Vendors
日本語

モデルアワードプログラムを振り返る:基調講演 ― 繁栄へのギアチェンジ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
10 April 2022

セレント イノベーション&インサイト(I&I)ウィーク 2022|日本語ウェビナーシリーズ

Abstract

セレントのフラッグシップイベントとモデルアワードプログラムを日本語で振り返ります。

セレントは2022年3月、今年で16回目となるセレント・イノベーション&インサイト・イベントをオンラインで開催しました。本イベントでは、競争が激化する厳しい市場において、金融サービスプレーヤーがいかにしてテクノロジーを革新的に活用し差別化を図っているかを探っています。また、「モデルアワード2022」の受賞者を発表し、各取り組みのケーススタディビデオも公表しました。

セレントのイノベーション・アンド・インサイト(I&I)ウィークは、金融サービスの新世界における「テクノロジー主導のイノベーションの取り組み」を称えるものです。本ウェビナーシリーズは、そのイベント・サマリーから、この1年でセレントが学んだことを総括し、金融サービスが直面する最新のテクノロジー・トレンドとそのインサイトをお伝えします。

今年の全体テーマは「thrive = 繁栄」です。セレントはモデルアワードプログラムを通じて、実に多くのそして多様な金融機関が、パンデミックの後もデジタル技術への投資を加速させ、「繁栄」への新たな道を歩みだしたことを目の当たりにしてきました。今年のアワード応募プロジェクトもまた、本当に素晴らしい結果を産み出しました。本ウェビナー・シリーズは、日本語でその核心を振り返ります。

1. 基調講演 | 繁栄へのギアチェンジ:世界の金融サービスへ

まず、本イベントのプレナリーセッションとして、当社CEOのJamie MacgregorとチーフリサーチオフィサーのDaniel W. Latimoreによる基調講演「モデルアワード応募プロジェクトに見る金融イノベーションの最新動向」を振り返ります。その主題は、ポストパンデミックの新世界で「繁栄する」ためのIT戦略です。

  • セレント イノベーション&インサイト(I&I)ウィーク 2022 プログラム概要
  • モデルアワード応募プロジェクトに見る、金融イノベーションの最新動向
  • イノベーションプロジェクトのテーマ、金融業界と消費者のグローバル動向

また、この基調講演に加え、ゲストスピーカーを招いた2つのセッションもご紹介します。

  • ファイアーサイド・チャット:新世界の金融サービスで繁栄する方法(GSの元CIO/CFOが語る、デジタライゼーションの実際)
  • パネルディスカッション:ウクライナ戦争と経済制裁、サイバー防御への対処:未曾有の新世界における、オペレーションとテクノロジーエグゼクティブの優先事項(オリバーワイマンとセレントのスペシャリストによるパネル)

(以下、近日公開)

2. モデルアワード2022 プログラムの概要 | グローバル動向と受賞企業の取り組み

  • Part 1. ウェルスマネジメントプログラム
  • Part 2. リスクマネジメントプログラム
  • Part 3. 銀行プログラム
  • Part 4. 保険プログラム
  • Part 5. キャピタルマーケッツプログラム

* I&I Virtual platformにログインすると、ライブセッションのリプレイにアクセスできます。2022年6月14日までご利用いただけます。

3. モデルアワード2022 受賞プロジェクトのケーススタディ

  • Part 1. モデルウェルスマネジャー | BBVA Switzerland
  • Part 2. モデルリスクマネジャー | DBS Bank
  • Part 3. モデルバンク | Teachers Federal Credit Union
  • Part 4. モデルインシュアラー | Toggle, a Farmers Company
  • Part 5. モデルセルサイド | QSuper
  • Part 6. モデルバイサイド | Goldman Sachs