フィンテックトレンドの昨日

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
1 February 2016
Eiichiro Yanagawa

極寒のソウルで、フィンテックのトレンドを議論しました。
カンファレンスでのプレゼンテーションに加え、業界ソートリーダとの議論は、2015年にグローバルに、そして日本で起きた事柄を総括する格好の機会となりました。

カンファレンスでは、以下の事柄を発表し、多くの反響を呼びました。

1. フィンテックの背景

  • 投資と事業機会
    - 年間100億$の投資規模
    - 未開拓事業は数兆$規模
  • 金融機関の戦略
    - 自己資本投資
    - イノベーションラボ、アクセラレーター
  • 重要テーマ
    - 規制
    - テクノロジーとアーキテクチャの拡張
  • 融合の意味
    - テクノロジーが金融を溶かす

2. ブロックチェーンの本質

  • アーキテクチャとキー・パーツ
    - 分散と共有、自動執行
    - トークン、共通帳簿
    - 独立執行型トークン暗号化
  • スタートアップと金融機関の戦略
    - スタートアップのコンソーシアム
    - 金融機関の市場インフラ
  • 資本市場への適用考察
    - ビックバンへの道筋
    - 従来型モデルの課題と克服策

3. 金融サービスの行方

  • 顕在化している事柄
    - デジタル対応
    - 不便不都合の解消
  • 陰に潜む本質
    - グローバルとローカルの鬩ぎ合い
    - 標準と個別の鬩ぎ合い
    - パンドラの箱が開く時(新需要の契機)
  • 地殻変動の予兆
    - 市場インフラ
    - プレーヤズ・ランドスケープ
    - ソーシングモデルの新常識

個別に面談した、業界ソートリーダとの議論では、以下の事柄を提唱しました。

  • 何をすべきか?
    - 投資と事業機会の活用
    - 需要と供給のミスマッチを発掘
    - 新テクノロジーは新アーキテクチャの下で
  • 何をすべきでないか?
    - レガシーモデルの再生産
    - 旧市場の争奪線
    - 事業とテクノロジーの独占(独り善がり)

そして、セレントが構想する、このような「金融未来図」を議論しました。
それは、既に稼働している「金融市場インフラ(FMI)」をレガシー(伝統的な、現職の)システムと呼称した場合、新たなテクノロジーによる「新インフラ」は、

  • レガシーが保証する、堅牢な社会インフラ基盤を有効活用する
  • レガシーに培った、データ、資産、経験との連続性の享受する
  • レガシーによる、新旧事業者の参入撤退の自由度を確保する

つまり、レガシーの活用、共存共栄を前提として、新たな、

  • プラットフォームのレイヤ:新たなルールの形成
  • イノベーションのレイヤ:新たなサービスの創造

を可能とする、「APIエコノミー時代」のAPI提供者を意図します。

そこでは、金融機関は、製造、小売、流通などの産業界とインフラを共有し、B2Bのみならず、B2C、つまり生活者の生活情報、非金融情報もAPIを通じて、流通可能とする、いわば、テクノロジーが「金融を溶かした」青写真を想定しています。

如何ですか?ご一緒に、金融の未来図を構想しませんか?セレントは常に、その議論の触媒(カタリスト)で在りたいと願います。

この続きは、東京で!

セレント アナリスト&インサイト・デー | February 24, 2016

main_seoul

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific