Brexitを超えて:Outはない!

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
26 June 2016
Eiichiro Yanagawa

Brexit-1

(出典:Nikkei)

為替市場は、猛烈な嵐に見舞われた。英国のEU離脱が確実となり、低リスク資産としての円が一気に買われた。1日の値幅は7円を超え、過去最大の変動率を記録した。東京市場の衝撃は「リーマン・ショック」以上だった。24日の午前11時40分すぎ、わずか3分ほどで1ドル=103円台半ばから99円まで瞬く間に円高が進行、1ポンド=160円が135円と数時間のうちに2割近く急騰した。ネット上の情報が交錯し、離脱が確実との報道が増えるにつれ、円買いは更に強まった。

株式市場の「Brexitショック」はまずアジア市場を襲い、24日の日経平均株価の下げ幅は8%に迫り16年ぶりの大きさを記録した。続く欧州市場は、独仏の株価指数がマイナス7%、8%と大きく下げ、イタリアとスペインの指数も暴落した。英国FTSE100は一時8%超下落したが、売り方の買い戻しも入って終値では3%安だった。最後の米国市場でも、ダウ平均は前日比610ドル32セント(3.4%)安、3カ月ぶりの安値に沈んだ。失望売りの連鎖は、瞬時に地球を駆け巡った。

Brexit-2

(出典:Reuters)

キャピタルマーケットはBrexitに失望した。では、我々は一体何に期待したのか?

同僚のアナリストがすでに書いた[1]ように、それはグローバルな市場統合であり、単一市場であった。LSE-DBのマージ[2]は、取引所関係者に大きな刺激となり、TARGET2-Securitie[3]やMiFID II[4]は、政策当局への重大なメッセージとなった。債券市場のT+1、株式市場のT+2[5]も、これまでのところ、欧州市場がリードした。現在のFinTechトレンドにおいても、ロンドンのLevel39[6]が、その先駆けであった。そこでは常に、新しいテクノロジーや知識が駆動する革新的なビジネスモデルが議論された。それは常に、IN(統合)であり、OUT(離脱)ではなかった。金曜日の市場が示す通り地球は連鎖しており、商流も金流も決してそこから離脱できない。

月曜日以降、グローバル市場の攻防は、ローレイテンシーを競う市場から、リソースアロケーションを巡る地政学的な戦略論議に拡大する。日系企業の大半は、欧州本社を英国に据え、大半のリソースをロンドンとその近郊に集中してきた。その背景には、EU単一市場だけでなく、それがグローバル市場へのINを可能としたからであり、再検討を開始する[7]のはHSBC[8]だけでなない。

政治、経済、そして通貨以上に、情報利用技術は世界を融合させた。この流れは止まらず、今回の出来事は歴史的な逆行と言える。この出来事を危機と捉えるか、機会と捉えるか?確かに、政治家は資本主義の行き過ぎに対応する必要があ[9]かもしれない。しかし、こと金融サービスにおいて、消費者の期待はモダナイゼーション、デジタル、そしてイノベーション[10]であって、時代の針を逆行させることではない。

[1] To Brexit and beyond! http://wealthandcapitalmarketsblog.celent.com/2016/06/24/to-brexit-and-beyond/

[2] How do you say “Brexit” auf Deutsch? http://wealthandcapitalmarketsblog.celent.com/2016/06/24/how-do-you-say-brexit-auf-deutsch/

[3] The European Post-Trade Ecosystem Under T2S http://www.celent.com/reports/european-post-trade-ecosystem-under-t2s

[4] MiFID II Pre- and Post-Trade Transparency http://www.celent.com/reports/mifid-ii-pre-and-post-trade-transparency-there-light-end-three-year-tunnel

[5] Europe T+2: Is Asia-Pacific Ready? http://www.celent.com/reports/europe-t2-asia-pacific-ready

[6] Fintech accelerators are becoming physical as well as virtual communities http://bit.ly/1oLjby7

[7] 日本企業、戦略練り直し 英EU離脱で関税・為替注視 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04064140V20C16A6EA3000/

[8] HSBC 'to move jobs to Paris if UK leaves single market' http://www.bbc.com/news/business-36629745

[9] How a cautious nation came to tear down the political temple http://www.ft.com/cms/s/0/b90a7278-3a02-11e6-9a05-82a9b15a8ee7.html#axzz4CZSVtXfl

[10] 日本の銀行業界におけるレガシー・モダナイゼーション パート2:銀行業界への提言 http://www.celent.com/ja/reports/35018

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific