ロボットとAIを使ってMiFID IIに対応するには:投資調査のコーディング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/12/21
ジョセフィン・ドゥ・シャズルネ

Abstract


人工知能(AI)テクノロジーの飛躍的な進歩、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の進化、クラウドの登場を機に、投資調査のビジネスモデルには画期的な変化が起こりつつあります。
新たに生まれているビジネスモデルは、RPAとNLGによる標準的な自動レポート作成モデルから、RPAとAI分析に裏づけられた個別の投資アイデア/アドバイスを提供するハイエンドモデルまで多岐にわたっています。

RPAおよびAIテクノロジー、さらにはクラウドを活用することで、販売面でもコスト削減、独立性、質の向上といった戦略によって顧客の多様なニーズに応えられるようになるでしょう。

データおよび投資アイデアの要約、投資額・データ・投資アイデアに見合う価値の選択、開示に関する法令遵守の監視、規制に準拠したデータの支払い方法などが、新たなモデルでの注目ポイントとなっています。
「ディスラプティブなモデルは投資調査の成果物を提供するだけでなく、クラウドで顧客とやり取りし、顧客を主導的な立場に置くことで、媒体を介さない分散型の新たなシェアリング・エコノミーに適応していくとみられます。」

「調査を提供する側は、人間とロボットの最適な組み合わせを見極めて顧客ニーズに対応することにより、最終成果物のコストと質を差別化するようになるでしょう」と証券プラクティスのシニア・アナリストであるジョセフィン・ドゥ・シャズルネは述べています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米