ベンダー
English

デスクトップ仮想化: ウェルスマネジメントおよび保険業界における現状と展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/03/20
イザベラ・フォンセカとクレイグ・ビーティとビル・ファーンレイ・ジュニア

Abstract


金融機関の間では、業務をスマート化し、従来とは異なる働き方を認め、社員を有効活用しようとする動きが広がっています。様々なテクノロジーがこうしたプロジェクトをサポートしていますが、中でもデスクトップ仮想化は、保険会社とウェルスマネジャーに高い利便性を提供するものです。

今なお金融危機の余波が感じられる中、金融業界はその対応に取り組んでいますが、デジタルテクノロジーを利用することで、組織内だけでなく外部とのビジネス効率もかつてないほど向上させられる可能性があります。

セレントは昨年、保険会社とウェルスマネジャーを対象に、デスクトップ仮想化がもたらすビジネスチャンスと影響に関する実態を調査しました。

「10年前までは、一般に社員はオフィスに出社し、自分のデスクに座り、支給された機器を使って業務を行っていました。しかし今では、社員はオフィス内に自分の決まったデスクを持つことなく、自宅かオフィスか、どこで仕事をするかを選べるしくみが一般的となっています」と、セレント保険グループのシニアアナリストでレポートを共同執筆したクレイグ・ビーティーは述べています。

「ウェルスマネジメントを手がける金融機関では、顧客情報や外部のデータへのアクセスが正しく機能しなければなりません。仮想デスクトップインフラ(VDI)を導入することで、社員は規制および管理下で、必要な時に必要な場所からパソコン、アプリケーションおよびデータにアクセスすることができます」と、証券グループのシニアアナリストでレポートの共同執筆者であるビル・ファーンレイ・ジュニアは述べています。

「サーバおよびデスクトップ仮想化は以前から行われていたにもかかわらず、ここにきて再び注目を集めているのはなぜでしょうか?今や世の中は『常にオン』の状態であり、それに伴い、社員の働き方や顧客(および潜在顧客)の行動パターンが劇的に変化しているのです」とリサーチディレクターで共同執筆者のイザベラ・フォンセカは指摘しています。

最新レポート「デスクトップ仮想化:ウェルスマネジメントおよび保険業界における現状と展望」は、多くのユーザーやタッチポイントが混在する金融業界の職場環境にデスクトップ仮想化がどのようなメリットをもたらすのか検証しています。レポートではデスクトップ仮想化におけるIT部門の役割、保険・ウェルスマネジメント業界でデスクトップ仮想化が果たす役割について分析しています。最後に、デスクトップ仮想化導入後の次のステップについてセレントの見解を示しています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険, 証券, ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米