ベンダー
English

クラウドへの道のり: サービスとしてのバイサイド・フロントオフィス(buy side front office as a service)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/05/22
ブラッド・ベイリー

Key research questions

  • 今日のバイサイドのフロントオフィスの状況とは?
  • アセットマネジメント / ヘッジファンドのフロントオフィス業務をクラウドに移行する際のメリットと課題とは?
  • アセットマネジメント会社とヘッジファンドのフロントオフィスにおいてクラウドがもたらすメリットとは?

Abstract

激しい競争に伴う混乱と、厳しくなる一方の規制、そしてデータが爆発的に増加する今日、フロントオフィスのトレーディングシステムは変化を必要としています。アジャイルでイノベーティブで、かつコスト効率の高いトレーディングソリューションやOMS・EMSをつくるためには、新たなマインドセットが必要です。

今日、市場構造や規制、サイバーセキュリティ、そして競争環境は複雑さを増す一方です。セレントは、この状況下でアセットマネージャーやヘッジファンドがどのように事業を拡大しようとしているかを考察しています。本レポートでは、かつてないほどに分断された流動性とデータドリブンな市場環境が発展する現状で、Cクラスの経営者たちが自社のインフラと市場との結びつきについてどのような考えを持っているかを明らかにします。

長期的なパッシブ投資へのシフトや手数料の低下、高まるばかりの投資家の期待、市場構造の変化、そして提携企業からのサポートが消えゆくなか、アクティブマネージャーは自社の本質的な強みにフォーカスせざるを得ません。テクノロジーの急激な進化に対応するためには、アルファの創出やコスト削減に徹底的に注力し、そしてフロントオフィスのあり方にメスを入れなければなりません。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ
Subscription(s) required to access this Insight:
キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米