英国損害保険会社における保険金支払:収益性改善の機会を見過ごしていないか?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/01/12
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


現在の困難な経済環境のなか、損害保険会社はより優れた保険金支払い管理の方法を探しています。ポイント・ソリューションがその問題の答えとなるでしょう。

災害保険は英国の損害保険市場のなかで自動車保険に次いで2番目に大きな部門であり、保険料収入はこの数年間、着実な成長を続けてきました。とはいえ、それと並行して保険金請求やコストも増加しており、これらの出費を抑えなければ、保険引受収益が侵食され続けてしまいます。セレントの最新レポート「英国損害保険会社における保険金支払:収益性改善の機会を見過ごしていないか?」では、この部門が直面している課題のいくつかを分析し、保険金支払い管理の厳格化をテクノロジー面からどのようにサポートできるかについて考察しました。

「テクノロジーを利用すれば、保険会社はFNOL(初期損害通知)の時点で保険金請求に対応できるようになり、請求処理の公平性、的確性、迅速性、一貫性が向上するでしょう。請求に対応する社員も、保険会社の戦略に沿った処理が選択しやすくなります。保険会社が今後、保険収益を守っていくうえでは、まさにこうした改善が必要です」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートを執筆したキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

このレポートでは、災害保険部門が直面している課題と現在の保険金請求プロセスの短所を明らかにしました。また英国の資産評価ベンダー2社とそれらが販売しているツール(Innovation Group社のTriageとSymbility.NET、およびXactware社のXactimateとXactanalysis)を評価し、こうしたテクノロジーを損害保険会社の保険金請求業務に活用することで得られるビジネスメリットを詳述しました。

このレポートは3図と2表を含む20ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ