ベンダー
English

自社開発 vs. パッケージ導入: 保険基幹系システム選定の新たなトレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/02/05
クレイグ・ビーティニコラス・ミシェロッド

自社開発すべきか、パッケージソリューションを購入すべきか。レガシーシステムのリプレースに取り組む保険会社にとって、長年の悩みどころですが、最近は保険会社の意向が変わり始めています。

Key research questions

  • 今日の「自社開発 vs. パッケージ導入」の議論の背景は?
  • 今後、保険会社は自社開発を選択していくのか?
  • 保険テクノロジーのベンダーは何に取り組むべきなのか?

Abstract

テクノロジーの自社開発が主流になるかどうかは定かではありません。しかし、自社開発を検討する理由は、以前より増えています。

よりオープンでインテグレーションしやすいシステムを望む声や、DevOpsやAPI、マイクロサービスなどのテクノロジーの登場の中で、保険会社はプラットフォームを自社開発する可能性を見出しています。さらには、保険テクノロジーの業界構造を細分化し、保険ソリューションの中核機能の中にInsurTechを組み込む可能性もあります。本レポートでは、これらの新技術やスタートアップの影響を受けた、保険基幹系システムの未来を分析します。

弊社はこれまで、数多くの保険会社の基幹系システムプロジェクトに関与したり、基幹系システムの構築手法(自社開発vs. パッケージ導入)について多くのディスカッションを重ねてまいりました。ここ数年は、ベンダーのパッケージソリューションの導入を好む保険会社が明らかに大勢でした。ところがここに来て、この「自社開発 vs. パッケージ導入」の議論が新たな熱を帯びてきています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米