小規模銀行向け勘定系ソリューション:北米市場の展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/11/25
バート・ナーター

Abstract


銀行業務の中核である勘定系システムに新たな動きが見られます。銀行はソフトウェアベンダーと協力し、インターネットテクノロジーをトランザクション処理に活用する方法を編み出しました。

昨年、紙ベース取引の大半は電子化され、自動化により効率および生産性が向上しました。また、インターネットバンキングやATM、電話、デビットカードなどを通じた銀行業務および取引に対応するため、勘定系システムは24時間365日稼動しています。セレントの最新レポート「小規模銀行向け勘定系ソリューション:北米市場の展望」では、北米における小規模銀行向けの一連の勘定系ソリューションを比較し、セレント独自の「ABCDベンダービュー」を用いてベンダーを評価しました。


出典:セレント

「小規模銀行は統合ソリューションを提供できる勘定系ベンダーを好む傾向があります。求める機能がより高度に
なってきているので、銀行はそれらに対応できる経験豊かなベンダーを探しています」とセレントのアナリストで本レ
ポートを共同執筆したラジェッシュ M Rは述べています。

「勘定系システムのホステッド・モデルは小規模銀行(資産5億米ドル以下)にとって確かに魅力的です。 しかし興味深い事に、小規模銀行向けベンダーの顧客のうち過半数がいまだ自社で勘定系システムを運用しています」とセレント・バンキンググループのシニアバイスプレジデントであるバート・ナーターは述べています。

本レポートは勘定系をテーマにしたシリーズの第一編です。今後は、「大手および中規模銀行向け勘定系
ソリューション:北米市場の展望」、「小規模銀行向け勘定系ソリューション:グローバルな展望」、「中規模銀行向け勘定系ソリューション:グローバルな展望」、「大手銀行向け勘定系ソリューション:グローバルな展望」といったレポートを発行していく予定です。

本レポートは13図および42表を含む50ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米