ベンダー
English

保険会社の環境対策:グリーンIT 採用のタイミング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/07/22
キャサリン・スタッグ・マーシー

Abstract


(このレポートは2009年7月23日に"Eco-Centric Strategies in Insurance: Is It Time to Embrace a Green Agenda?"というタイトルで英文で発表しましたが、日本語版を2009年12月3日に発行しました。)

環境問題が今後ますます重要になることは間違いありません。しかし、調達プロセスに環境に配慮しているかどうかの基準を導入している保険会社は、全体の3分の1にとどまっています。

環境主義は合理的な経営を実践するためのベストプラクティスとも言え、現在の低迷する景気環境に合致するメッセージでもあります。エコプロジェクトは、より工夫をこらすことでコスト削減を実現しようとしています。セレントの最新レポート「保険会社の環境対策:グリーンIT採用のタイミング」は、現在、世界の保険会社が環境方針やグリーンITに対してどのような認識やスタンスで臨んでいるかを調査しました。

グリーンITの効果は単にビジネス価値をもたらすだけにとどまらず、将来的には消費ニーズの拡大や、さらにはグリーンITプログラムへの参入を促す規制強化につながる可能性があります。今からグリーンITの方針を採用し始めれば、後から軌道修正するより低コストで容易に導入できるでしょう。

「現在、各社の環境対策の導入状況はさまざまですが、規制、消費者の関心、燃料価格などの要因が重なり、今後数年間はこの分野への関心や投資が拡大するとみられます」とキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。




出典:セレント

レポートでは、調査対象の保険会社の環境プロジェクトに対する姿勢、規制の及ぼす影響、環境対策の導入状況などに注目し、各社のスタンスと認識を明らかにしています。また、2つのケーススタディを紹介しています。

本レポートは13図および1表を含む26ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米