ベンダー
English

イノベーションの進め方:計画段階からイノベーションを組み込む

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/04/16

Abstract


他のあらゆる企業と同様に、保険会社も常に革新的な商品やサービスを提供し続けることを求められています。残念ながら、保険業界におけるイノベーションは一貫性に乏しく、適切な管理もされていません。どうすればこうした状況を変えることができるでしょうか。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 成熟したイノベーションプロジェクトにはどんな共通点があるか?

2

保険会社の戦略的プロジェクトを改善、イノベーション、ディスラプションという3つに大別するとしたらその割合はどうなるか?
3

どうすればビジネス計画プロセスにイノベーションを吹き込むことができるか?

セレントの最新レポートは、イノベーションの成功者たちがどのようにイノベーションを定義し、透明性の高い個別のビジネスプロセスを構築しているかを明らかにしています。イノベーションにおいて成功している企業では、戦略計画のような重要なプロセスにおいてイノベーションが重視されています。

「セレントのポートフォリオ管理モデルを活用すると、プロジェクトの戦略的意図や追及するイノベーションのタイプに基づいて、優先順位の高いプロジェクトにリソースが配分されているか確認することができます。こうした視点がさらに新たに価値のあるアイディアを生むことや、これまでのプランニングアプローチを修正し、これまでとは違った視点からイノベーションを検討できるようになった例もあります」と、セレントのシニアアナリストでレポートを執筆したマイク・フィッツジェラルドは述べています。

「280を超える保険プロジェクトを分類したところ、その多くが「改善」に関するものという予想どおりの結果となりました。定常状態にある業界としては、これは許容範囲内なのかもしれません。しかし、保険会社が直面している厳しい経営状況やテクノロジーの急速な変化を踏まえると、業界リーダーであろうとするプレーヤーはこうした結果に甘んじるべきではないでしょう」とセレント保険プラクティスのシニア・バイス・プレジデントであるジェイミー・マクレガーは述べています。