ベンダー
English

ボードルーム・シリーズ:米国保険業に対する連邦金融規制改革に備える

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2009/08/10

Abstract


フィナンシャルリサーチおよびコンサルティングを手がけるセレント(本拠地:ボストン)が、「ボードルーム・シリーズ」という新たなクライアント・リソースを開始しました。毎月発行予定のこのシリーズは、保険会社が直面している課題について調査し、取締役会による「難しい質問」への対応に備える経営幹部をサポートします。各質問につき、隠された問題点についてセレントの見解を述べ、保険会社の効率的な対応策を具体的に示します。

本シリーズの第1回目は「米国保険業に対する連邦金融規制改革に備える」です。最近発表されたオバマ政権の金融規制白書は、米国政府が保険業規制により多く関与することを示唆しています。しかし、その規制範囲や形態はなお不確かなままです。金融サービス業のどの分野の「システミック・リスク」を規制するのか−銀行、生命保険、損害保険それとも全てか? 米国財務省内部に置かれる国家保険局および消費者金融保護庁の新設によって政府への報告義務および日常業務はどのような影響をうけるか?連邦規制と各州の規制とのバランスはどうなるのだろうか?

「本レポートは、強化される連邦規制に備えるための実用的なステップを明らかにしています。これらの規制への対応を準備する上で役立つことでしょう」と本レポートの著者であるセレント・シニアアナリストのマイク・フィッツェラルドは述べています。

「ボードルーム・シリーズ」は従来のセレントレポートとは異なり、現在注目されている問題について、経営幹部レベル向けの短いサマリー形式になっています。