ベンダー
English

次世代の顧客身元確認/ デューディリジェンスへの移行方法

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/10/21
ニール・カタコフ

金融機関等は最新のKYC-CDDパラダイムをサポートする新しいテクノロジーを探している。

Key research questions

  • KYC-CDDプロセスにおける主な課題とは?
  • KYC-CDDプロセスをより効率的にサポートする新しいテクノロジーとは?
  • 次世代のKYC-CDDテクノロジーの採用を促進する要因とは?

Abstract

顧客身元確認 (KYC) および顧客デューディリジェンス(CDD)要件は、多くの企業にとってマネーロンダリング防止(AML) コンプライアンスにおける最も厄介な分野である。KYC-CDDプロセスはオンボーディングや顧客理解の中核をなすものであり、AMLコンプライアンス・チェーンの最も戦略的な分野といえるだろう。

AMLテクノロジーの進化と最新KYCオペレーションの開発は、KYCプロセスの複雑性を緩和したとは言い難く、絶え間なく進化する課題とKYCコンプライアンス業務への負荷をもたらした。

本レポートはNICE Actimizeの後援を受け、セレントが全面的な編集権を有している。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
リスク&コンプライアンス, オぺレーショナルリスク
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米